ウォーキングポール専門タノシニア
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
  1. ウォーキングポール
  2. 用途別
  3. フィットネス・ダイエットに
  4. LEKI プレスティージSL 伸縮タイプ レキ ノルディックウォーキングポール 1ペア ☆
  1. ウォーキングポール
  2. 用途別
  3. 健康維持・体力アップに
  4. LEKI プレスティージSL 伸縮タイプ レキ ノルディックウォーキングポール 1ペア ☆
  1. ウォーキングポール
  2. 素材・特徴別
  3. サイズ調節が簡単
  4. LEKI プレスティージSL 伸縮タイプ レキ ノルディックウォーキングポール 1ペア ☆
  1. ウォーキングポール
  2. 価格別
  3. 15,000円~19,999円
  4. LEKI プレスティージSL 伸縮タイプ レキ ノルディックウォーキングポール 1ペア ☆
  1. ウォーキングポール
  2. メーカー別
  3. LEKI (レキ)
  4. LEKI プレスティージSL 伸縮タイプ レキ ノルディックウォーキングポール 1ペア ☆
  1. ウォーキングポール
  2. タイプ別
  3. 伸縮タイプ
  4. LEKI プレスティージSL 伸縮タイプ レキ ノルディックウォーキングポール 1ペア ☆
  1. ウォーキングポール
  2. タイプ別
  3. アグレッシブタイプ
  4. LEKI プレスティージSL 伸縮タイプ レキ ノルディックウォーキングポール 1ペア ☆
  1. 秋のポールウォーキング特集
  2. LEKI プレスティージSL 伸縮タイプ レキ ノルディックウォーキングポール 1ペア ☆
  1. 冬のダイエット特集
  2. LEKI プレスティージSL 伸縮タイプ レキ ノルディックウォーキングポール 1ペア ☆
  1. ウォーキングポール
  2. 価格別
  3. セール特価
  4. LEKI プレスティージSL 伸縮タイプ レキ ノルディックウォーキングポール 1ペア ☆

【LEKI プレスティージSL 伸縮タイプ レキ ノルディックウォーキングポール 1ペア 1300334】

・スピードロック2システムの採用によりスピーディな長さ調節が可能になりました。
・SサイズからLサイズのすべての方にジャストフィットするストラップ採用
・クリックするだけでストラップがはずれ、水分補給やストレッチを行うときなどにたいへん便利なワートリガー3

●サイズ/無段階伸縮式:90~120cm
●重量/約235g(1本)
●材質/アルミ(上段16mm/下段14mm)
●ストラップ: トリガー3
●カラー/ブルー、グリーン、レッド
メーカー:LEKI(キャラバン)

納期:即日発送(土日・祝除く)
※グリップ・レバーの色は順次イエローに切り替わります。

長さをかんたん確実に調整できるスピードロック採用 LEKI プレスティージSL 伸縮タイプ レキ ノルディックウォーキングポール 1ペア ☆

商品番号 sa1300334-1300112-2p
メーカー希望価格 ¥ 18,360 のところ
販売価格 ¥ 13,580 税込
会員価格あり
[ 136 ポイント進呈 ]
会員価格で購入するにはログインが必要です。
取替ゴムパッド2個1セット
カラー(下記よりお選びください)
  • ブルー
  • グリーン 在庫切れ
  • レッド
5.00
6
  • 購入者
    非公開
    投稿日
    商品が早く届き、ノルディックウォーキング練習日に間に合いました。このポールは色が綺麗で目立ち、使い勝手も良く大変満足しています。
  • 購入者
    男性
    投稿日
    GW前に納品されたマイポールを使って、初めてのウォーキングに行ってきました! パワートリガー3は、気軽にポールとグリップが脱着出来て、給水やスマホでのルート、ログの確認等の時に、ポールを振り回さなくていいので、周囲への安全観点からもお勧めです。グリップも握り易く、長時間(13km/3H)でも快適に歩けました。このポールを使って、ウォーキングを楽しみたいと思います♫

返品・交換について

商品の品質につきましては、万全を期しておりますが、万一不良・破損などがございましたら、商品到着後8日以内にお知らせください。

 ポールの長さの目安 (身長×0.63~0.68)

あなたの身長を入力→ cm 

ポールの長さは
cm~cm
がおすすめです。          

初心者は短めからはじめて慣れてきたら徐々に長めにしてみてください。
ポールを長くする事で腕の可動域と歩幅が大きくなり負荷が上がります。







ポール選び無料チェック!

タノシニアの6つの安心